水口病院の内科へ行ってきた

水口病院の内科へ行ってきた

私は最近肌荒れに困っていました。

どうしても美肌でいたいのが女性という生き物なのですけれどもちょっとしたことで肌がダメージを受けてしまうように突然なってしまったのです。

これはどのような原因なのでしょうか。

今までこんなことは一切なかったのに、なんというかある時期から赤くなってしまった部分がなかなか元に戻らなくなってしまったのです。

そういう理由があって私は近くにある水口病院まで足を運ぶことにしました。

水口病院は皮膚科がありますので、今までも何度かお世話になっているので安心感があります。

看護師さんや受付の方、果ては清掃の方達とも私は多数面識があるため私は特に苦も無く足を運ぶことが出来ます。

そういう理由があってあの病院に足を運んだんですけれども、そこで先生に言われたことは肌に対する水分補給がまったく出来ていなかったということです。

これが出来ていないから肌荒れが起こるようになってしまったと言います。

先生に色々と聞きました。

水口病院で聞いた日焼けのこと

日焼けって健康的だ。

昔はそのように確かに言われていたと私は記憶しております。

けれども女性にとってはある意味においては敵でもありますし、実な紫外線というものに視点を当てて考えてみるとそこまでいいものではないのです。

要するに日焼けという認識においても随分と変化があるようです。

私がこれを知ったのは水口病院に足を運んだ時のことでした。

私の子供がたまたま日焼けを伴ってちょっとした皮膚の病院に行ったときのことでした。

人間はどのようにして紫外線から身を守っているのかと言いますと、メラニンが人間の体を紫外線から守っているということになります。

水口病院の詳細

なぜこのようなことを知っているのかと言いますと、子供の顔に日焼けのあとが一部残ってしまったからです。

水口病院の先生はこの日焼けの後が消えない原因をメラニンの影響だと指摘し増した。

水口病院の先生はこれは正常にメラニン色素が作用している証拠であり、特に問題がないと言っていました。